台風16号 (9・20)

今年は台風が多い。
目白押しにやって来る。
もう二百十日という古い頭では信じられないような現象が、地球で起こっているようだ。
9月1日前後には必ず台風が来るから気を付けろ!
それは長く生きたから、古い諺になった。
先日の日曜討論でも、異常気象の対談があった。
「想定外」が多くなった。
たしかに地球規模で、異変が起こっている。
海水温度が高くなって、上昇し雲となって渦となって台風になるらしい。
環境汚染のツケが今、来たのかもしれない。
台風の進路も今年は迷走したり、北海道を荒らした。
そして弱いものいじめをする。
「敬老の日の3連休に、ボランティアをお願いします!」
台風でどろどろになった家屋の汚泥を老人の手ではどうにも出来ない。
「ボランティアが不足しています」
ラジオで呼びかけていた。
お互い様で、助け合いたいが老人になった。
いつか自分自身もそういう「助けを求める」側になるやもしれぬ。
田舎の地方には高齢者が多いが、若者は少ない。

この16号台風もなんとか静かになった。
太平洋の向こうにいったか、温帯低気圧に消滅したか?
今回の台風は各地に大雨を降らした。
台風のあとの、土砂崩れ・川の氾濫と被害が必ず出る。
今、台風は静岡県らしい。
地球を昔の自然に還すのは難しいだろう。
こんなややこしい事を考えてもどうなる訳でもない。
なのに思っている。
どうにもならないことを、諦めてしまえばいいのに・・思っている。
「自然におまかせ」
ああ、後期高齢の私の頭の中は、こんがらがっている。
交通整理のお巡りさん、この混乱を整理して下さい。

台風のお蔭で急に涼しくなった。
今夜は虫の声も少なくなった。
ほんとうの秋が来た。